第34回小矢部市駅伝競走大会 速報


 

10月8日(日)加盟全18地区体協チーム参加の下、開催された市駅伝競走大会は

曇り空から徐々に好天に向かう天候の中、序盤から連覇をねらう埴生体協チームと

初優勝をめざす荒川体協のトップ争いが終始レースを引っ張り、毎回上位実績のある

水島体協がそれに続き、正得、松沢、藪波が追う展開となった。最後は常に安定した

力のある選手を揃えた埴生が昨年の自らの記録を1分以上縮める好記録で優勝の

ゴールテープを切った。

<最終成績>

1位  埴生体協      記録  1:20:45

2位  荒川体協      記録  1:22:18

3位  水島体協      記録  1:23:24

4位  藪波体協      記録  1:26:50

5位  松沢体協      記録  1:27:03

6位  正得体協      記録  1:27:27

以上 入賞チーム

区間賞受賞のみなさん

 

 

 

 

 

 

◆ 区間賞(区間1位)コメント

1区         上田 龍也(正得) 記録:10分07秒(区間新)

「一人じゃない」

中学1年の時から今回で3回連続で1区を走りました。県の中学駅伝大会では

自己ベストが出て、この調子でいけば今回新記録を出せるかもしれないと思って

いました。走っている時は、沢山の人から声援をもらいとても力になりました。

この結果は決して一人では出せなかったと思います。みなさんありがとうござい

ました。

2区         河邉 皓星(荒川) 記録:11分39秒

「感謝

僕は高校1年生の時も2区を走り、区間賞を取ることができました。今回も

区間1位を目標にしていたのでとてもうれしいです。この区間賞はチームのみん

なやスタッフのみなさんのおかげで取るができたのでとても感謝しています。

ありがとうございました。

3区         早助 咲那(埴生) 記録:9分08秒

「不安の中で・・・」

私は、初めて駅伝に出場しました。埴生は昨年優勝だったこともあり、2連覇と

いうプレッシャーの中、走れるか不安でした。途中すごく苦しかったけどたくさん

の声援が聞こえ、勇気をもらいました。おかげでこの区間賞という素晴らしい賞を

いただくことができました。次回も区間賞目指して頑張りたいです。

4区         長岡 美紀(荒川) 記録:3分37秒

「出場5回目にして・・・・」

私は、初めて区間賞をとることができ、とてもうれしかったです。今回は出場し

て5年目でやっと結果を出すことができました。次に出る機会があれば、頑張って

走りたいです。

5区         砂田 政貴(正得) 記録:9分09秒

「前回と同じ区間でとれた区間賞」

僕は、今回2回目の出場でした。去年は地区での順位はよかったものの、自分自身

の区間順位が想定していたよりも悪く、残念でした。しかし今回は前年よりも40秒程

速くなり、区間1位をとることができとても嬉しかったです。これからも自己ベストを

更新できるよう頑張っていきたいと思います。

6区        丸山 にこ(宮島) 記録:8分35秒

「次回も区間賞を

私は今回初めて小矢部市駅伝に出場することができました。出場するからには自分

の力を発揮し、7区の兄によい位置でタスキをつなごうと思っていました。今回区間

賞をとれたことにビックリしています。応援してくださった方、準備していただいた

方、ありがとうございました。次回大会もがんばります。

7区        丸山 彦樹(宮島) 記録:9分58秒

「東京オリンピックを目指して・・・」

僕は、2年連続で区間賞をとることができました。これも日頃からの部活動で走り

込みを行なってきたからだと思います。そして何より応援してくださった地域の方々、

役員の方々、いつもそばにいてくれた友達のおかげです。この経験を生かしてこれか

らもホッケーを頑張っていきたいと思います。

8区        西川 絢(松沢) 記録:5分19秒

「沿道の声援が力に・・・」

今回私は、第8区を走らせていただきました。天候にもめぐまれて楽しく走りきる

ことができました。また、沿道の方々の声援が力になり、このような成績を残すこと

ができました。ありがとうございました。

9区       道海 康裕(埴生) 記録:10分39秒

「チーム一丸の勝利」

今回も体協役員の方々、家族の支えで走り切る事が出来ました。今回チームとしては

連覇のかかった大会で、一丸となってその目標に向かって走り、見事その目標を達成する

事ができました。今年もチーム一丸となって連覇できるように頑張りたいです。

以 上