シニアが躍動 ~ねんりんピック富山大会


11月3日から全国健康福祉祭ーねんりんピック富山2018ーが富山県内15市町村の各会場で開催されました。

47都道府県、20の政令都市から1万人を超える選手、役員が一堂に集い、4日・5日には交流大会が

行われ、各競技において頂点を目指す戦いが展開されました。3日の総合開会式は立山連峰が間近に望める

好天気の下、富山県総合運動場で開催され、各選手団の入場行進の後、元五輪選手で過去マラソン日本最高

記録を5回も更新した経歴を持つ寺沢徹氏(83歳)によって炬火台に点火され、競技交流大会の開始とな

りました。

小矢部市からはサッカー、テニスや美術展を含む各種目に25名が出場しました。小矢部市ではクロスランド

にて「将棋交流大会」が開催され、全国から約200名の選手が参加、熱い戦いが繰り広げられました。

参加された種目の中から2種目の競技の紹介を(写真)します。

<ダンススポーツ>  日光他家志 日光節子 夫妻

選手宣誓の日光夫妻

華麗なステップを披露

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ソフトバレーボール>

小矢部SVCチーム