「義仲・巴生涯野球 小矢部・南砺交流試合」開催


令和4年11月3日(木・文化の日)快晴の中、「義仲・巴生涯野球 小矢部・南砺交流試合」が小矢部球場で開催され3試合行われました。
これは、両市に関係が深い義仲・巴のNHK大河ドラマ化に向けたPR活動や機運の熟成を図ることを目的に開催されたものです。
例年であれば「義仲・巴杯争奪生涯野球 富山・石川親善交流大会」が開催されていますが今年は規模を縮小し開催されたものです。

試合は、
第一試合 古希の部
巴クラブ(小矢部市) 対 南砺古希野球クラブ
南砺 30030 6
巴  30031X 7
巴クラブは同点で迎えた最終回、四死球で満塁とし、岩峯が押し出しの四球を選びサヨナラ勝ちした。

第二試合 還暦の部
小矢部メルヘン義仲クラブ 対 南砺グランパス
南砺 0102010 4
義仲 1001002 4
義仲は2点を追う最終回、相手の隙をつき2塁送球の間に堀田が本塁を落とし入れ同点としたがなおもサヨナラの好機は、相手二塁手の超美技により阻まれた。

第三試合 還暦の部
小矢部甲翔クラブ 対 福光ヴィガーズ
福光 210202 7
甲翔 000200 2
甲翔は5点を追う四回、後東、谷口の足を使い2点を入れたが走者は出すものの福光の固い守備に得点を阻まれ敗れた。