2年ぶり中学駅伝開催 ~ 大谷、石動出場

10月2日(土)県総合運動公園陸上競技場では県中学駅伝競走大会が開催され、小矢部市からは
大谷男女、石動男女が出場した。

昨年中止となって今年も開催が懸念されていたこの大会、コロナ感染症対策として無観客での開催となった。
まだまだ感染状況が続く中、練習もできない状況もあって、男子は48校、女子46校のみの参加であった。
小矢部市からは大谷中と石動中が男女とも参加した。
大会は女子が前回優勝の速星中(富山)が終盤追い上げ、4区でトップに出るとその勢いで最終5区でも差を
広げ、連覇を達成した。速星中は大会4連覇となり、12月に開催の全国大会(滋賀県)への出場を決めた。
男子も前回優勝の雄山中(富山)が2区で首位に立つと最終6区までリードを保ち、見事連覇を達成した。
小矢部勢は大谷中が粘りを見せ男女とも13位と好成績を収め、石動中も男子が25位、女子が24位と上位
に入る健闘を見せた。