北信越高校ホッケー大会~石動男女ともV逃す!


8月29・30日小矢部ホッケー場において2020北信越高校ホッケー大会が開催されました。

新型コロナウイルス感染拡大による影響から国体、高校総体などの競技が中止となっていた高校ホッケー競技
は関係者の努力で北信越選抜大会として開催を決め、北陸3県から各々男女3チームずつが参加、リーグ戦形
式で実施されました。3年生にとっては今後選抜大会に向けての強化も含め、チーム力をアップする牽引力の
中心としての頑張りが大切であり、今回多くの保護者の応援もあり、精一杯のプレーを見せてくれました。
地元石動高校は男女とも決勝に進み、30日(日)ともに福井の丹生高校と対戦、女子の試合は後半開始早々
に丹生に先制点を許し、追加点も奪われる展開の中、チャンスにPSを獲得、確実にシュートを決め2-1とした。
第4Qも相手の攻撃に耐えるも、反撃のチャンスをうまく生かせずそのままゲームセットとなった。
女子は先日岐阜県で行われたサマーチャレンジカップ戦の雪辱はならなかったものの、3年生を中心に暑さの
中の懸命なプレーぶりに大きな賞賛の拍手を送りたいと思います。
続く男子の決勝戦は序盤互いに決定打が出ず、第2Qに先制点を奪われた石動は目指すパスホッケーも出足の
鋭い丹生のプレーに悉く阻まれ思うような攻撃の展開ができず、逆に連続で追加点を許す結果となった。
反撃のチャンスも得点につながらず、5-0のまま試合終了となった。
大会は男女とも丹生高校が優勝 石動がともに準優勝となり閉会となった。
高校の大会は今後全国選抜大会の予定が組まれており、今回の敗戦をバネに更なる強化、チーム力向上を
目指すことを期待し、応援しましょう。

優勝の丹生高校女子