祝 準優勝!石動高校野球部~横断幕掲揚(市役所)


TOYAMA2020高校野球大会で石動高校が見事決勝に進出、結果は高岡第一高校に1-0での惜敗となりまし
たが見事な準優勝でした。

7月23日から開催され、8月11日まで開催された県内高校野球の対抗試合は3年生にとっては最後の
公式戦、夢に向かって想いをぶつけてきた各選手、力一杯のプレーを見せてくれました。
昨年秋の大会でベスト8の実績を残した地元石動高校は初戦からチームワークの良さをみせ、逆転勝利の
試合も含め勝ち進み、決勝までコマを進める大健闘。県内大会では昭和53年夏の大会で甲子園出場を決め
て以来の優勝に向かって決勝戦を戦った。試合は投手戦となり、これまで集中打などでチャンスをつくり得
点してきた試合展開も今一本決定打が出ず、逆に高岡第一が適時打で入った1点を守り切り、石動は勝利の
女神を逃す結果となった。
チーム関係者や一般市民も応援観戦は実際球場に足を運ぶことができず、テレビ・ラジオで中継を聞き、
大いに期待を高めていたが惜しい結果に残念でしたが健闘ぶりを称賛しましょう。
早速、小矢部市役所正面に準優勝を称える横断幕が掲揚されました。
選手のみなさんおめでとう、そしてありがとう。