荒川地区体育協会実践発表~市教育大会


2月16日(日)クロスランドおやべでは第39回小矢部市教育大会が開催されました。

式典では教育委員会表彰、社会教育功労者表彰のあと実践発表があり、スポーツ部門において荒川地区体育
協会(会長 山田 隆行)が日ごろの活動状況を発表しました。地区体協相談役の高橋靖夫氏がスライドを
使って地区住民体育祭など年間の主催事業を13町内会を8チームに分けての対抗形式として行なっている
こと、また市体協事業への積極的な参加や体協組織としてどう取り組んでいるかなどの発表がありました。
荒川地区体協はすでに今年度の市体協の地区対抗成績で総合1位を決めています。