県体競技 現地激励へ

県民体育大会が県内各地で開催される中、市体協では7月21日(日)開催会場に足を運び、応援してきました。

応援はバレーボール競技開催の黒部市と柔道競技が開催の朝日町の2か所に出向き、選手の健闘ぶりに声援を
送ってきました。
黒部市総合体育館では一般男子(9人制)の小矢部選抜とYKK(黒部市)の試合を観戦、1セット目、5点の
リードで先行しながら徐々に差を縮められ、終盤チャンスに決めきれないゲーム展開で追い着かれ、逆転
される結果となり2セット目も終始接戦のゲーム展開で最後ジュースに持ち込んだものの、振り切られ1回
戦突破はならなかった。
同じ会場での一般女子では小矢部代表の友輪クラブが富山市代表のBrave Angeieチームと対戦。序盤から
試合経験豊富な相手チームのペースに圧倒される展開で、自分たちの実力を発揮できないまま敗退となった。
朝日町武道館では柔道競技が行われており、中学生部門で小矢部市チームは富山市Cと対戦、平均的に体格に
勝る相手に苦戦を強いられ、健闘及ばず1回戦敗退となった。一般の部では富山市Bと対戦、実力で勝る相手
に健闘するも勝利には結びつかなかった。3部の児童の部門では小矢部市チームは1回戦を突破したものの
2回戦突破は阻まれた。

今後、今週末にも競技が予定されており、激励を計画しています。